Love light フミエの日記

HOME > Love light フミエの日記 > インナーチャイルド

自分がアダルトチルドレンだというのに気付いたのは、

多分30歳ごろだったと思うけど…

最近、アダルトチルドレンについて再び勉強しています。

この数年、多くの方の悩みに接してきて あらためて思うのは、

問題を抱えもち、生きるのが苦しくなっている根本原因が

結局は、「インナーチャイルドの痛み」にあるのだな、ということです。

 

アダルトチルドレンというのは、

まさしく、自分らしい生き方から大きく外れてしまっている人たち…

機能不全家族という環境の中で、 インナーチャイルドの痛みが重なり、

自分らしく成長できなかった人たちを指しています。

 

アダルトチルドレンについて数冊の本を読みながら、

自分自身のこれまでを振り返る作業と同時に、

自分自身が過去の自分とは、

全くと言っていいくらい変化してしまっていることに気づくこともできました。

 

ああ、もう自分は、 心に抱えもった傷によって

痛みながら生きていく自分ではなくなったな、と。

 

いやあ、見事にアダルトチルドレンが形成されましたよ~♪って 笑っちゃえるくらい、

家庭環境はよくなかったですから。(爆)

また、同じ境遇で育った二人の妹についても思いを巡らせ…

三人姉妹である三人ともが、離婚したわけなんですが…

三人共に、男性遍歴が見事に違います(爆)。

同じ父母を見て育ったはずなのに、

その影響の出方や、 異性に対する考え方が違うのも…

ほんと、人間って個性があるよね(笑)

 

どんな家族形態であろうと

どんな生い立ちであろうと

どんなに悪影響を受けたとしても

自分の生き方を見つけられたら

後では幸せになる。

 

自分は、今は本当に幸せだな、と思います。

 

「血は水より濃い」面と

「近しきゆえに分かり合えない」面と

両方の部分があるわけですから

兄弟姉妹であっても、同じになることはありません。

だから、妹をとっつかまえて

幸せになるためにああしろ、こうしろ、とは言いませんよ。

私は妹のセラピストではありませんから~。(笑)

 

 

セラピストという視点で勉強しながら思ったのは、

私のところに来られた方に最善のサポートができるよう

常に心を真っ白にして望んでいくのみだ、ということです。

心を真っ白にして、というのは…

固定観念にとらわれない、ということです。

 

数年前亡くなられましたが、

臨床心理の分野の発展に貢献された河合駿雄先生が著書で書かれているのは、

「患者さんのことを判断しない」

「結局は何もすることはできない。

自分の足で進もうとしていくのを見守るだけだ」

そのようなことを述べておられるのが印象的でした。

 

 

赤い人は赤い人になった方が生きやすいし

緑の人は、緑の自分を生きられたら楽になりますよ。

 

だから、赤い人に緑の人になりなさい、といっても それではうまくいかないわけです。(笑)

 

接する方々一人一人が

自分を生きられることの喜びや

自分でいいんだ、という楽で穏やかな感覚を得ていってほしい。

 

それが私の願いです。

 

自分はアダルトチルドレンだな、 少しでも変わっていきたいな、と思われる方にも

虹の翼の「アセンションプログラム」をおすすめします。


インナーチャイルドを癒し、

本当の自分とつながって

自分らしく生きていくための学びとヒントがたくさんあります。。

 

本当の自分って…なんでしょうね?

どんな生き方をすると 自分らしい喜びを味わえるのでしょうか?

 

そのための勉強やワークを一緒に行いませんか?

 

読んでくださって ありがとうございます♪♪♪

Lovelightcom | 2013.04.05 | PermaLink

何度かブログにも書きましたが、

私の両親は、喧嘩ばかりで、

父は、少しアルコール中毒でした。

母は、仕事中毒で、

稼ぎが少ない父に代わって、人の3倍くらい働いていましたが、

でも実は仕事をすることが向いていて、

男に生まれたら成功したかもしれないような…男前の性格でした(笑)

そんな中で育った私は、

両親に対する感情表現がほとんどできないまま大人になり、

大学は中退して 水商売をしながら彷徨いながら生きていた時期があります。

 

まさしくアダルトチルドレンです。

 

そんな世界から救い出してくれたのが、 元夫でしたが…。

 

けれども、アダルトチルドレンの私が引き寄せた夫ですから、

夫も同じようにインナーチャイルドのトラウマを抱えもっていて

結婚して日が浅いうちに、鬱が始まりました。

 

アダルトチルドレン同士の結婚だったのです。

 

ただ、私と元夫は、そんな過去を引きずるのではなく、

変えていこうと、お互いに努力をしました。

ときには励まし合ったり、 精神的な話題、霊的な話題もたくさんしましたよ。

今となっては、 結婚したのが元夫でよかったな、と思っています。

 

魂同士の約束があり、

一緒に頑張った時期があり、

一緒に頑張った時期が終わったので、

これからは、それぞれの道を進もう、となったわけです。

 

さて、私も元夫も、なぜ自分を変えようと努力をしたのでしょうか?

 

それは、やはり結婚したことで

新しい家族を築いていこう、という目標ができたことと

二人の間に、自分たちの命よりも大切な子どもが生まれたからです。

子供が生まれたことで、

私たち二人は守っていかなければいけない大切なものがある、 ということを知ったわけです。

愛しい子供のために、 そのままの自分でいるわけにはいかなかったのです。

そして、自分たちが育ったような機能不全の家族でなく、

愛と信頼で結ばれた暖かい家族をつくりたかったのです。

 

結果、私たちは離婚してしまいましたが、

私たちが体験したことは、

アダルトチルドレンから卒業していくために必要だったことなのかもしれません。

アダルトチルドレンは、卒業できるんですよ。

 

インナーチャイルドの癒しに真剣に取り組んでいくこと、

心から自分は変わりたい、と望み、

変えていくための行動を始めれば、 本当に人は変わります。

 

本当に変わりたい、と心から思うのであれば、 光が差し込んできます。

 

…残念なことに

変わりたいけど、でも変わらないだろう、と

諦めの気持ちを持っている方もいらっしゃいます。

 

そういった方に接っしたとき、

光を送ろうにも

光が届きにくくて、 私は無念さを味わうときがあります。

 

でも、私はあきらめません。

 

たくさんの方に光を繋いでいけるように

もっと勉強しようと思います。

 

光が届いていくことを

私は知っているからです。

 

光は、本当に存在します。

 

あなたが光を取り戻しますように。。。

Lovelightcom | 2013.03.21 | PermaLink

前前回、インナーチャイルドの呟きを書きましたが…

愛が欲しくて寂しい、哀しい感情が通り過ぎた後、

なんと、今度は怒りが出てきました。

これには、ビックリ!しましたよ~。

自分が怒ってる…なんて全く思いもしなかったからです。

 

ずっとずっと出せなくて 奥深くにしまってきた「母に対する怒り」でした。

 

私は、母に怒りをぶつけたことはないし、

むしろ、好き勝手に家出してしまい、 申しわけない…とずっと思っていました。

 

でもって、家を飛び出たのは、

「好きな男(元夫)と一緒にいたい」

「喧嘩ばかりしてる両親と一緒にいたくない」 「この家には自分の居場所がない」

 

だったわけですが…

この状態は、既に21歳の頃ですから、 いきなりそうなったわけではありません。

 

そうなるまでに、何をため込んでいったのか…

もし、母に愛されたい、もっと構ってほしい、だけならば

家出はしないでしょう。

いくら好きな彼氏ができたとしても、 母のことも大好きですから、

家を捨てて出ていくことなんて有り得ません。

好きな男ができた、以外の別の理由があるはず、です。

 

そう。

20歳になって母のいうことを聞かなくなった私は、

母に申し訳ない、と思っていました。

母に罪悪感を感じていました。

好きなことをしてる、 わがままに生きてる自分が、母を裏切っている、といたたまれなかったのです。

だから、家に居づらくなっていきました。

そして、たまに家に帰ると いつも父と大ゲンカ。

母も父とは、いつもケンカをしていたので、

私は全面的に母の味方でしたら、 父は敵だったのです。

 

結局、家から出たのは…

もう父や母のことなんて考えたくなかったのです。

息がつまりそうでした。

いつもいつも、親の顔を気にしてきた自分。

それ以上は、無理だったのです。

そして、母を喜ばせる生き方から ドロップアウトしたのです。

 

どうやら私は、

母に怒られたくなくて

嫌われたくなくて

自分自身の感情を押し殺してきたのです。

 

そうしたら…

母に対する怒りが

はじめてはじめて

湧いてきたのですよ…。

Lovelightcom | 2013.01.24 | PermaLink
わがまま言っても 失敗しても そんなに怒らないで 私のこと嫌いにならないでちょうだい by インナーチャイルド 私は、子供のころ、家の中であまり笑っていなかったようです。 学校ではよく笑うし、明るくて活発な子供でしたよ。 今になっては、その記憶も自分が作ったものかもしれないし、 事実はどうだったのか、確かめようもないのですが…。 ずっとずっと怖かったのです。 母に怒られることが…。 すごく怒られた時のことは なぜだか今でも覚えていて、 本当に怖かった…。 父とはよく言い争いをしましたが、 母と言い争いをした記憶がありません。 父のことは嫌いだったけど、怖くはなかった。 母の存在は怖くて、歯向かえなかった。 怖いのに、 母を嫌いって思ったことは一度もなかった…。 そんな母は、ある時期を過ぎるとピタリと私を叱らなくなりました。 20歳のころから、私はだんだんと家に帰らなくなり、 前の夫と同棲を始めたのです。 ほとんど家出でした。 それから母の態度は変わりました。 それ以降、私は母に叱られたことは一度もありません。 母なりに… 私が家に帰らなくなったことは ショックであり、とても寂しかったことでしょう。 だから、私への接し方が変わったんだね…。 振り返る作業を行うとき、 子供のころの私を抱きしめて… 同時に 父や母のことがもっと愛しくなる。
Lovelightcom | 2013.01.17 | PermaLink

今日は、久しぶりに

すご~く大きな寂しさを感じました。

寂しくなるような出来事?があったような、ないような…。(笑)

 

寂しさを感じている自分の内側に入っていきました。

いましたよ、寂しがってる自分…。

そんな自分を見つけて 同時に涙があふれてきます。

なぜ、涙があふれるのか…?

 

寂しがっている自分に向かって

魂の愛が流れだし、包み込んでいくから、です。

涙が流れるたびに、包まれ、

また一筋流れては包まれ…

 

年末から飲みだしたレメディは、 ポースティーラとラックヒューマナム。

ポースティーラは、母親との癒着から卒業するレメディ。

ラックヒュマナムは、母乳が飲めなかった人のレメディです。

 

母親の愛情がもっと欲しくて、

でも、ちょうだいが言えなかくて、

ひねくれた自己表現をしながら大人になってきました。

 

やっと、ここまで来た、って感じかな…。

 

癒しは、頭で理解しただけでは半分しか進みません。

頭で理解するのは、思考だから。

 

解放は、エネルギーで起きます。

エネルギーが解放されて 気付きが起きたとき、

癒しが起きている自分を体験できます。

 

そうして、人は前に進んでいくのです。

Lovelightcom | 2013.01.12 | PermaLink

1ヶ月前、風邪をひいて声が出なくなり、

その後、いまだ咳がおさまらず…

 

実は、

1ヶ月前、ツインソウルの彼との間に不思議なことが起こり、

そのことをきっかけに、 自分の中の「見捨てられる恐怖」というのが浮上しました。

結局、それは…

親子間の問題の奥深さであり、 癒し足りてないインナーチャイルドの葛藤でした。

いつの頃からか、 親と会話らしい会話が出来ないまま成長し、

30歳過ぎて、ようやく会話ができるようになってきたものの、

笑うことができませんでした。

インナーチャイルドの癒しは何度も心がけていて、

随分と親との関係性はよくなりましたが、

心の奥底には、まだ癒されていない部分が残っていることは薄々気付いてました。

 

今回、自分でも自覚できない葛藤に対して

ツインソウルは、見事にスイッチを入れてくれましたよ。(苦笑)

はじめ、私は彼に捨てられるという恐怖に襲われたのです。

けれど、実際には、彼に捨てられるような何かひどい仕打ちを受けたわけではなく、

この恐怖のパニックの正体は、一体なんなのだろう…

そうして、内観が続きました。

 

これまで何度もインナーチャイルドへのアクセスをしてきましたが、

どうしてもうまくいかない部分がありました。

 

ようやく…です。

 

今回ばかりは、 父と母が長生きしていてくれて本当によかった、って思った。(笑)

今なら、まだ恩返しができるから、間に合ったって感じです。

 

父も傷ついていたし

母も傷ついていたし

その子供である自分も傷ついていた。

 

誰かが悪いわけではない。

 

父も母も私も

ただただ愛が欲しくて、けれどその方法が分からないから、

更に傷を拡げていったんだよね・・・。

 

感情精神面の解放が起きると、

まもなく肉体の症状も落ち着き始めます。

私の咳も、もう少しでおさまってくるでしょう。

 

 

次元上昇に伴い、 更なるハートチャクラの開花が起きますので、

肺や気管支の不具合を訴える症状が増えている方が多いでしょう。

 

肉体が訴える「病気」という症状は、

内側からのサインを完璧に伝えてくれます。

肉体は、素晴しいのよ。(笑)

 

今、なんにたいして自分が向き合う必要があるのか、

肉体は、とても完璧に教えてくれますよ。

 

今、抱えている苦しみや悩みや病気も…

あなた自身が、

心を開いて自分自身に向きあうときだ、と教えてくれているのです。

Lovelightcom | 2011.11.28 | PermaLink
1
2016年09月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ