Love light フミエの日記

さあ! 明日で8月も終わりです。

アセンションの変化の最中にある2012年も、9月を迎えますよ~♪

9月は、一斉遠隔ヒーリングを再開します。

 

自分自身のエネルギーの光の含有量を増やしていけますよう、

そして、自分から光を拡げていけますよう。

レインボーソウルヒーリングは、

ボディ、マインド、スピリットとの繋がりを強化していきます。

 

2012年9月9日(月)

一斉遠隔ヒーリング 「レインボーソウルヒーリング」

*****

虹の女神と虹の天使たちのよる調和のヒーリングエネルギーです。

私たちの肉体・精神・スピリットは宇宙の一部です。

肉体、精神のエネルギーバランスの調整を行いましょう。

宇宙の完璧な秩序の一部としての存在であることを思い出しましょう。

*****

時間:21時~21時50分 料金:5000円

 

お申し込み・お問い合わせはは、虹の翼「お問い合わせフォーム」よりお待ちしています。

ヒーリングやエネルギーの体感アップの練習にもなりますので、 ぜひ、ご参加くださいませ。

Lovelightcom | 2012.08.30 | PermaLink

イベントに出演しま~す♪♪♪

 

 埼玉ゴスペル祭 2012

14:00開演 19:30終了(予定)

場所:埼玉会館(小ホール)   JR浦和駅西口 徒歩6分

当日券1500円/小学生500円(未就学児無料)

 

出演団体は約20団体ほど。

すごいね…。

結構、有名なクワイヤもいるみたいです。

 

寿限無は、小さい子供を抱えている主婦が多いので、

出演時間を早めにもってきてもらったそうで…

14時15分から歌います。

といっても…出演時間早い分、 当日のリハも早い時間だわ~(汗)

10時からリハ開始です。

 

11月の10周年コンサートに向けて、

イベント出演しながらの宣伝にも熱が入ってます。

これまでにない最高のものを創るつもりですから~、

練習もそろそろ、追い込みに入ります!

Lovelightcom | 2012.08.27 | PermaLink

恋愛してるときって、相手の気持ちが気になって仕方がないものです。

私は彼のこと、こんなに思ってるけど、

相手は、私のことを本当に思ってくれてるのかしら? とか

私が思ってる以上に、 彼は私のこと思ってくれてないのかも… とか

好きな人がいれば、気になるものです。

 

ああ~、彼の心の中が覗ける魔法のグッズがあればいいのに…(笑)

 

ご相談を受けながら、 今までたくさんの方から、同じ質問を受けました。

「彼は、私のこと、どう思ってますか?」

 

…分かりません…(爆)

 

相談を受け始めた最初の頃、

チャネラーなのに、リーディングやってるのに、 分からない、ってどうよ? と、

自分に突っ込みたくなったこともありましたが…(爆)

でも、私なりに分かったことは…

人の心の中って、覗き見できないようになってるってこと。

 

私のハイアーセルフも、ガイドも立派です。

覗き見させてくれませんから。(笑)

 

いえ、他の情報は入ってくるんですよ。

彼の長所や苦手なこと、とか

人生での目標・課題、とか

今のエネルギー状態がよいのかどうか、とか

現在、抱えもっているブロックとかね…。  

そんなお話を相談者の方には差し上げています。。

 

それともう一つ。

 

 

人の気持ちって、毎日変化していくものなんですよ~。

今日はこれが好き、何に興味ある、というのも どんどん変化します。

だから、相手の気持ちを探っても意味がありません。

明日になれば、変わってるかもしれないもの~。

 

それよりも、もっと大事なこと…。

 

相手への気持ちを持続できるかどうか。

相手を慈しむ気持ちを持続できるかどうか。

 

こちらは大事です。

だって、人生の主役である自分自身の問題ですから。

 

誰でも長所だけでなく、短所も持ってます。

あなたが本当にその人のことを思っているなら、

その人の短所の中にあるギフトを取り出すこともできますよ。

愛は、奇跡のような変化を起こします(笑)

 

彼が自分をどう思ってるか、と考えて悩むよりも

彼の中にある愛の光を見つける方法を勉強することをお勧めします。

 

それに、彼好みの女性になる努力なんて… ほとんど無駄です。(言っちゃった)

そんなことすればするほど、 本来の自分から遠ざかっていきますよ。

 

彼の中の愛の光を見つけることができるということは、

彼と自分が愛で繋がっている、ということですから、 不安なんてなくなりますよ。^^

 

ということで、 私は、ツインソウルの彼を見るたびに、いつも思うことがあります。

この人って…なんて素敵なんでしょう…。

 

自慢しているわけではありませんよ(笑)

 

彼の中の本質の美しさを見つめているのです。

Lovelightcom | 2012.08.26 | PermaLink

小中学校の同級生からのメッセージがきっかけで始めたfacebookで

かつての同級生たちが集い始めました。

130周年同窓会といい、 母校の甲子園出場といい、

それはそれは、大変な盛り上がりです。

現在の仕事の立場や役職や、いろんなものを抱えている年齢なんだけど、

一緒に母校を応援したり、 温かい声をかけあったり…

それぞれがそれぞれの場所で頑張ってきたからこその

支え合いや思いやりが、 たくさんあふれていて、

ああ、すごいな~って…。

 

我が高校はもともと男子校だったこともあって、

当時は男子クラスもあって、女子は少なかった。

 

その男子たち、各方面で活躍してる人ばっかりなんだけど、

高校野球に熱くなって泣いてたりする。

 

泣ける男って素晴らしい!

 

人生は楽しいことばかりではない。

苦労も困難もたくさんある。

でも、その苦労困難は、人を大きく成長させる。

そうして成長していくと 人は磨かれると同時に、どんどん純粋になっていく。

 

同年代の彼らが 同窓会だ、 高校野球だ、 と感動して大笑いして、

また感動して涙するのを見て

ああ、なんて素敵な男たちだろう~!

こんな素敵な人たちと同級生だったんだな~って…

感動しています。

 

社会を支えているであろう40代の男たち、

ついに来たー!!!

 

日本の未来は、悪くないよって、私は思う。

 

だって、こんなに熱くて純粋で、

友人と一緒に集える彼らがいる。

 

泣ける男たちに、乾杯♪♪♪

Lovelightcom | 2012.08.20 | PermaLink

う~ん…

チャック・スペザーノのようなタイトルになってしまいましたが…(苦笑)

 

昨日、「自分らしく生きることを大切にして」と書きました。

 

私はですね…

ツインソウルの彼には何十回と振られてきました(爆)

それだけでなく、 もう死んでもいい、というくらいの行き詰った体験もしています。(大爆)

ご飯食べられなくなって、 体重も43キロまで落ちて、

強い風が吹くと煽られてましたから…。(泣)

それでも、 彼への気持ちを消すことができず苦しんで苦しんで、

それならば、この気持ちを抱いたまま生きていこう、と決めたわけです。

 

真実と共に生きるために、 前の夫にも打ち明けざるを得ませんでした。

夫は私のことを愛してくれてましたから、 夫を裏切った、という形になります。

どんなに夫が愛してくれても

自分自身が自分を裏切ることはできないのです。

打ち明けることで、 自分が築いてきたこれまでのものを失うんだな、

壊してしまうんだな、と怖くて怖くてたまりませんでしたよ。

 

けれども、私の心は知ってるんですよ。

一時的には大変かもしれないけれど、

私が真実を生きていれば、

きっと子供たちや、前夫やその家族たちもいつか伝わっていくだろう、と…。

そして、後悔しないことも。

前夫のことは、一緒に暮らしているときは 私なりに精一杯愛しました。

もう、何も出てこんぞ~、というくらいにね。(笑)

今思うと、愛というには拙いレベルであったな、とは思いますが…

そうはいっても、 あれはあれで精一杯だったから、悔いはないわけです。

 

今、子供たちはのびのびとしています。

そして、自分以外の人に対してとても思いやりがある人間に育ってくれましたよ。

また、好きなことを優先させて生きていますので、

自分の意見や気持ちを大事にできます。

子供とは、前夫の話もよくします。

パパがなんとかかんとか、と言いながらね。^^

前夫と子供たちは、この夏も一緒に帰省旅行していますよ。

 

自分の真実を生きることが

何かを傷つけたり何かを壊すことになるから、 今は、その思いを隠しておこう、というのは…

それは本当の愛ではありません。

 

ただし、自分の真実を貫くと同時に

傷つけてしまう相手に対してベストを尽くすことは忘れてはいけません。

自分の思いだけが成就すればいい、ということではありません。

相手が理解できるまで何度も説明することも必要かもしれません。

無理解である相手に対して、 こじれたエネルギーを解いていくことも必要かもしれません。

できることをできるなりにやる、 ベストを尽くす、ことです。

 

何もしないでいる、

平安な生活が壊れないよう現状維持する、

それは、真実を生きていることにはなりません。

 

人は、 自分の真実を貫くとき、 ときには迫害を受けることもあります。

いや、歴史上、真実を貫いた人ほど 迫害を受けたのではないでしょうか。

 

でも、魂は知っています。

アセンションのときであることも、

今こそ、真実を生きることが何よりも大切であることも…。

真実を生きないのであれば、

更なるカルマを膨らませ、

何度でもその試練を体験しようとするのが、魂です。

 

一見平和に見えるけれど目覚めない苦しみ、という体験の中でとどまるも、

恐怖という幻想を打ち破って、ステップアップしていくも、

自分自身にしかできないことなのです。

 

 

3か月前にツインソウルの相談をしてこられたNさん、

本当に短期間に魂の本質に目覚められましたね。

恐怖から逃げるのではなく、

真実と共に生きることで起きてくる奇跡なような変化を 報告してくださったこと

本当に嬉しく嬉しく思いました。

 

今は、変化が著しく早いときです。

 

全てのツインソウルが

パートナーシップを体験することが目的ではないかもしれませんが、

男女であり、

そこに男女の感情が発生しているのであれば、

それは、男女関係の学びから

聖なるパートナーシップへの道へ繋がる体験の最中にある、ということを

どうぞお忘れなきよう。。。

Lovelightcom | 2012.08.17 | PermaLink

だんだんと それぞれがそれぞれの道に進んでいってます。

 

今、一緒にいるパートナーを大切にしてください。

あなたの学びや体験の段階にあわせて、 ぴったりの人と一緒にいるのです。

スピリットが、必要な体験や出会いを与えてくれています。

今生、ツインソウルと出会わなければいけない、ということもないし、

ツインソウルでないと、幸せではない、ということはありません。

最終的に、全ての人が、ベストパートナーであるツインソウルに近づいていきますが、

個人個人の霊的な学びには差がありますので、 どうしてもスピードにズレが生じます。

でも、それでいいのです。

大学に行ってる人は素晴らしくて

小学生はだめだ、ということはありません。

遅いからよい、早いからダメ、ということもありません。

大事なことは、ベストを尽くす、ということです。

 

また、とっくに終わっている関係性にしがみついている人もたくさんいます。

前進することに対する恐怖が、 古い関係性に執着させるのかもしれません。

 

前進するとき、常に変化を体験します。

前の学校を卒業して、次の学校に入学するときに味わう変化のようのものです。

制服も変わりますし、 通学路も変わります。

出会いも学ぶ内容も変わっていきます。

 

自分を自分らしさから遠ざけている関係性は、

カルマの解消だったり、学びをもたらします。

でも、それらは終了していきますから、

いつまでもそこにいて、同じ体験の中に停滞する必要はありません。

 

自分らしさ、とはなんだろうか。

そして、 自分らしくいられる関係性の中で心地よさを体験していいのですよ。

一緒にいる人のせいで、 自分らしく生きられない、というのは、言い訳です。

自分らしく生きたくないので、

自分らしさから遠ざかるような人間関係を発生させ、

自らしがみついているのです。

 

そんな自分のパターンに気づいたら、

そんな自分を受け入れ、 そこから前に進んでいくことができます。

 

どんな道に進んでいきたいですか?

これから先、どんな体験をしていきたいですか?

Lovelightcom | 2012.08.15 | PermaLink

母校、濟々黌高校、

甲子園所詮突破です!

 

18年ぶりの出場なんですが、

今年は130周年記念とあり、同窓会活動がすごい。

同級生だけで50人くらい甲子園に集まってます。

 

私は、テレビ観戦!

facebookでリアル情報も入ってくるので、臨場感あった~。

濟々黌の応援席が、とにかくすごかったです。

テレビ中継も、何度も応援団の人数のすごさと迫力について触れてました。(笑)

 

心は、本当に一つになるのですよ。^^

 

世代を越えて、受け継がれるものと、

ときを越えて、繋がるものと、

ネットの影響で、海外在中OBの応援も入り、

遠く離れていても、一つになる。

 

母校の甲子園出場によって、

そんなすごいことを体験することができました。

 

さあ!

暑い夏、悔いのないよう、 一生に一度しかないこの機会を 思いっきり、体験していこう!!!

ガンバレ♪ 濟々黌高校!

Lovelightcom | 2012.08.13 | PermaLink

帰省から戻ってまいりました。

さ、仕事するぞ~! のはずでしたが…

 

風邪ひいてまんねん(苦笑)

 

遊び過ぎて、疲れたようです(爆)

 

今年も、大家族で天草湯島旅行。

昨年の11名から、もう一人孫チビ(5歳、4歳、2歳)が増えて、 今年は12名での大移動です。

史江が「海行ったの~」というと、優雅な海を想像される方が多いようですが!

全然、違います(笑)

ビキニなんて絶対着ません。

なんせ、飛び込み台から飛び込みます。

カップがずれるような、やわな水着では思いきり遊べません。

ジムで着るスイミングウェアに、クラゲ防止&日焼け防止のラッシュガード。

足は、怪我しないよう水中シューズです。

これで走り回ります。

透き通った海で群れ泳ぐ魚を見るために、堤防なんてよじ登ります。

片手にはシュノーケルセットと大きな浮き輪を持ち歩きます。

ほんっと!、この恰好には自分でも笑えます。

息子は「ガチだな~」とニヤニヤ笑いますが、

私が飛び込み台から飛び込んだのを見て、

おれ、飛び込んだことない…と言いながらも、ついてきました。

気持ちよかったらしく、そのあとは、何度も飛び込んでましたよ(笑)

 

てわけで、孫のもり、と自分の遊びと、 飲み食いが忙しくて、

写真撮影なんてまったくもって忘れていた…(爆)

ま、携帯カメラじゃ、たいして写らないのでいいっか~。

 

で、帰ってきて、熱出ました。

 

しかも、5日間も動物病院に預けていたポンちゃんは

ストレスのため、相当弱ってしまってました。

今、ポンちゃんと一緒にゴロゴロしてます。。。

 

 

亡くなった父の思いでの場所に、家族全員で行けるって幸せです。

みんな仲良しですから。

父は、空から一緒に見守ってくれてましたよ。

 

亡くなったその夕方、 空に大きな筋雲が出たんです。

2本の剣が合わさったような…

天草行きの朝、またもや2本の交差した筋雲が出ました。

あれ?父が亡くなったときとおんなじだぁ~♪って。

 

そのあと、日輪が出ました。

船で移動してるときから、 島に着いて海で遊んでるときも、

ずっとずっと、私たちの頭上に日輪があって、消えなかったのです。

日輪が、そんなに長時間出続けるって、珍しいです。

父が笑ってるんだな~、と思いました。

もしかして、私たち、家族にしか見えない日輪だったとか…(こわ)

 

 

老いていくもの、

生まれてきて間もないもの、

あいだにいて、世話をやくもの、

 

一緒にご飯食べて、一緒に風呂入って、布団を並べて寝る。

 

それだけのことですが、それだけのことが、とても幸せです。

 

Lovelightcom | 2012.08.12 | PermaLink

あたかも敵がいて

敵によって支配されているかのように言われている。

人類はなかなか目覚めることができないので マインドコントロールの中にいて…

でも、まもなく古い時代は終わって

闇の存在は地球にこのまま居座ることはできないのだ…

 

本当に本当?

誰がそう言ったのですか?

有名なチャネラー?

精神世界に長けた人たち?

 

 

敵など本当は存在しない

敵を自分の外側に探し続ける以上

自分の内側にある光と恩恵を見つけられないだろう

物質次元を体験するための二元性において

光と闇があるかのように見える

そういった体験をしているうちに

光と闇が別のものであるような錯覚が始まっていった

思い出すがよい

 敵を発生させたのが 自分自身であることを

敵を創りだしてしまったのが 他ならぬ自分自身の想念であることを

 

そして半世紀前 ついに、全世界は戦争に陥った

 

半世紀前の反省から 戦争は再び繰り返すべきでないと理解した私たちは

今度は見えない敵をつくりだした。

そしてアセンションによって 人類は救われるという

闇の存在はいなくなる、という

見えない敵…闇の存在

 

 

意識のコントロールから抜け出しなさい

自己の尊厳性に立ち戻り 自分の意識を自分以外に明け渡すことをやめない限り

自分が光で在り 無限の愛とパワーの持ち主であることを理解しないであろう

 

あなたの内なる声は 「敵を探せ」と言っていますか?

あなたの内なる声が 「敵に負けるな」と言っているのですか?

あなたの内なる声が 「あなたは光だから、闇に負けるな」と言ってるのですか?

 

敵は私たちの中にある

一人一人の中で 光と闇の統合について理解が起きたときが

私たちの目覚めのときである  

 

あなたの魂に祝福を

Lovelightcom | 2012.08.02 | PermaLink
1
2016年09月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ