Love light フミエの日記

実は、自分の望みが本当はなんなのか…

分かっていない人が多いのです。

 

 

では、質問です。

 

あなたは、どんなときに幸せや喜びを感じますか?

どんなことが起きたらいいな、と思いますか?

 

あなたは、どんなときに悲しみや怒りを感じますか?

どんなことが起きて欲しくないことですか?

 

 

ほら、見えてきましたか?(笑)

本当に望んでいることが何なのか…

どうぞ、遠慮なく望んでください。

 

遠慮や罪悪感を持っていると、

望みは、一生叶いませんから、

望みが叶わないように押しとどめている思考や意識があれば、

どんどんクリアリングしてくださいね。

 

そして、

あなたの望みが叶ったとき、 どんな気分になるか…

少しの時間、想像してみてください。

 

その想像は、嬉しい感じがしますか?

幸せになったような気持ちがしますか?

 

もし、そうであれば…

 

あなたの望みは、予定より早くに叶いますよ。

 

 

あなたが、喜びや幸せをイメージすることができますように。。。

Lovelightcom | 2011.10.28 | PermaLink

もつれてしまった紐は、解くことができるんですよ。

ただし… 解いても、またもつれてしまっては、

イタチごっごになってしまいますが…。

 

一人ではどうしてよいのか分からない、という方のために

私たちのようなセラピストが存在します。

一人で解決できるものは、一人で行いましょう。

そして、一人でできなくなったら、 ご縁ある方にサポートを頼むとよいです。

 

 

最近、思うのです。

私は今の自分の仕事が大好きであり、 やりがいを感じますが、

この仕事は金儲けのためでもないし、 生活のためでもないのだな、と…。

もちろん、皆様からのご相談の依頼をいただくお陰で、 私は日々の生活が成り立っています。

どうもお金に対して疎い部分があり、お金はもっともっと欲しいけれど、

では、もっと稼ぐためにはどうしたらよいのだろうか、と考えようとすると

途端に思考が停止してしまったりします。(笑)

そんな自分が情けなくありますが…

多分、現状の仕事のあり方に、今満足しているのでしょう。

 

 

仕事とは、生きがいであり、

自分が世の中に向けてどんな形で役にたつことができるのか、

世の中に何を表現していきたいのか…

私は、そんな風にとらえています。

 

仕事は、お金を稼ぐ手段ではありますが、

それだけを目的としてしまうと、 どこかでひずみが生じてくるものです。

 

今、仕事があることへの感謝や

仕事をとおして、自分という人間が世の中に貢献できていることの喜びとか、

また、仕事をとおして繋がるご縁をいただいたり…

 

収入を得るという目的以外の素晴しい恩恵があります。

 

仕事を通して、人と人が繋がり、縁が発展していきます。

そして、そのことに感謝できると更によいようです。

 

 

お金とは、天下のまわりもの、といいますが、

自分には回ってこない、という方もおられます。

お金が平等に回らないよう、

その動きを止めようとする世の中の向き、というものがあるようですが…

豊かな人と貧困層の差が、あまりにも激しく、

このままの世の中でよいのかどうか…

一度、そんなことを考えてみると意外なことが見つかったりします。

 

お金のために

本来の自分を切り売りするような生き方を選択しようがしまいが、

それは本人の選択の自由ではありますが、

お金のことで苦しむ人が少しでも減っていくような世の中になればいいな、と思っています。

 

そして、

まだ、本当にしたい仕事が見つからない、とか

お金のために嫌な仕事をしている、という状態から抜け出せない、ということであれば、

それはチャンスです。

 

なぜ、そのような状態を作り出してしまっているのか、

自分の内側を見つめる時期なのです。

 

自分の内側には、

様々なヒントや気付きの宝が眠っています。

意外に、今まで嫌な仕事だと思ってきたことが

実は有難い意味があった…

そんな気付きも出てくるかもしれません。(笑)

 

 

目覚める、ということは

内側とつながり、 本来の自分に戻っていくことでもあります。

 

あなたが自分らしい生き方を見つけて

仕事をととおして喜びや笑いをたくさん体験されますよう。。。

豊かさという中から、より多くの恩恵を受け取られますよう。。。

Lovelightcom | 2011.10.25 | PermaLink

気付いたら… 今月はあまりブログをアップしていませんね。

 

私自身の葛藤や不具合について、内側を見つめる作業が続いています。

これも、アセンションエネルギーの増大に伴って

更に奥深くに在った…自身の葛藤が浮上しているからなのでしょう。

 

私は完璧な人間ではありません。

が、完全なる存在であることを知っています。

 

私は「より素晴しい人間になりたい」から霊的な勉強をしたときもあります。

けれども、私は自分のことを相変わらず素晴しい人だとは思えません(苦笑)

それでも、勉強をやめないのは…

不平不満を持ち続けながら生きる自分から、

喜びや幸せを心から感じられる人間になりたいからです。

それは、完璧な人間になることとは違います。

 

時々、私は「史江先生だから乗り越えられる」とか

「史江先生は、特別な人だから」と言われることがあります。

 

私は、特別に素晴しい人間ではありません。

 

泣いたり怒ったり、嫉妬したり…好き嫌いも激しいですし、

相変わらずお酒もやめられませんし、快楽主義者です。

 

ただ、私は… 笑ったり、喜んだり、

毎日を幸せだなと感じられる自分になりたい、といつも思っています。

 

以前の私は、そんなことを感じられませんでした。

 

プライドが高く何か嫌なことがある度に、他人のせいにしました。

努力しても報われないことがあるたびに、逃げてきました。

傷つきたくないので、自分をごまかしていました。

いい人間だと思われたくて、嘘をついたこともたくさんあります。

 

そんな私です。

 

そんな私だから、あなたの苦しみを理解できます。

あなたが自分自身に嘘をついてることを見抜くことができます。

そして、あなたが本当はどうしたいのかが見つけられるよう、手伝えるのです。

 

私にも、大きな恐怖心があります。

 

それは、愛する人から見捨てられる恐怖です。

愛する人に裏切られるかもしれない、という恐怖です。

 

私は、そんな恐怖心を乗り越えようと、たくさん勉強しました。

そして、恐怖心は…

乗り越えるものではなくて、 認めて受け容れるものなのだな、と感じています。

 

私は、恐怖と戦うことを止めようと思います。

 

弱くてもいい。

怖くてもいい。

 

そんな私も

私の一部です。

私の中の恐怖心を認めて受け容れて包むことができるのが…

愛である「私」であり

私という「愛」なのです。

 

私は、恐怖を抱え持っている私を認めます。

そして、愛します。

 

ごめんなさい

ゆるしてください

愛してます

ありがとう

 

私は、愛と一緒に生きることを選択します。

私は、そうする自分が好きですし、私にはそれしかできないのです。

Lovelightcom | 2011.10.23 | PermaLink

2011年10月もあっという間に後半です。

今年もあと2ヵ月半となりました。

残りの時間、どんなことをして過ごしましょうか?

 

私は、毎年11~12月は恒例のゴスペルシーズンに突入でして、

本番を意識しながらの体調管理や

ベストを尽くせるよう意識を高めていきます。

去年より今年はもっと良いコンサートを…と毎年意識することで、

ステージで創られる世界が1年1年飛躍していくことに 充足感や喜びを感じます。

 

今年2011年は、今までにない体験をしました。

3月の大震災という大変な出来事から

原発の問題をはじめ、 誰もが予測していなかったような世の中の変化が始まりました。

これも、アセンションの影響なのだな、と感じていますが…

アセンションというのは、恐ろしいことが起こる、とか 地球が滅亡する、とか… そういうことではないのです。

 

大震災の直接の被害にあっていないから、

こんな呑気なことを書けるのだ、とお叱りを受けるかもしれませんが…

天災にあわなくとも、なんらかの形で人はいつか亡くなります。

人がいつ亡くなるのか… 決めているのは、自分自身なのです。

…決めているというより、 魂はその時期を知っている、と言った方がよいのかもしれません。

 

私の父は、15年前に交通事故にあって一命をとりとめましたが…

普通だったら助からないようなあのような大事故にあったにも関わらず、

脳障害によって何も分からなくなり、完全介護の状態であるにも関わらず、

この世で果たしたい目的が終わっていないので、長生きをしています。

 

寝たきりの父の姿は、

生と死、愛と性について… 多くのことを教えてくれます。

 

この世の苦しみ…仏教では「生老病死」という言葉があります。

私たち人間は、この世に産まれてきた以上、 この生老病死を体験することとなっています。

生老病死という体験は、どの人にとっても平等に起こります。

 

限られた人生をとおして

生老病死という苦しみを体験しながらも

どのような人生を送るか…

描いていくのは、一人一人の自己責任です。

 

あなたの人生をどのようにつくるか、 どのようなものにするのか、

本当に自由なのです。

生老病死という体験をするために、 物質という制限のある地球はもっていこいの場所です。

 

アセンションによって、

次元上昇と磁場の変化が起きている地球が ここから先、

どうなるのか、と憶測したところで、本当のことは分かりませんが・・・

 

ただ、 次元上昇によって、物質次元の制限が薄れていき、

意識の変換が起きていますので、

生老病死に対する恐れの感覚や意味合いも変化していくだろう、 そう感じています。

 

目に見える存在と、目に見えない存在、両方あります。

 

物質次元では、自分を肉体といういのち、だととらえます。

非物質次元では、自分は魂という存在、エネルギーである、ととらえます。

 

生老病死という苦しみは、肉体があるからこその物質次元における苦しみです。

 

物質次元から非物質次元へ意識を拡げることで、

この苦しみを小さくしていくことも可能です。

 

生老病死は、苦しみだけでなく、

私たちに霊的な気付きを与えてくれるものでもあります。

Lovelightcom | 2011.10.20 | PermaLink

子供のときから

団体の中で歌ってきた。

 

かつて団体の一員だった自分は

今、団体を指揮するようになって

団体が創り出しているものを客観視するようになった。

 

一人一人の声

喜びの笑顔

目の輝き

あふれる想い

 

 

多くのものが混じり合うことで 出来上がるものがある。

 

団体の一部として歌ってきたころ、

大勢が混じり合うことで

こんなにすごいものを創り出しているってこと、 知る由がなかった。

 

あのころ、団体の中の一人として必死だった。

 

今だからこそ分かる。

 

一人で創れるものもあるけれど、

一人では創れないものがある。

 

音楽をとおして

色々なものを創り出せることができるけど、

私たちが創っているものは、 光ある世界。

 

 

私たちの歌声

想いを描いて

一つになって

 

光が降り注ぐ。

光に包まれる。

Lovelightcom | 2011.10.15 | PermaLink

時々、こういう質問を受けることがあります。

 

「私と彼は、これから先どうなりますか?」

「私は、これからどうなりますか?」

 

残念ながら…私には未来を見ることはできません、とお答えしております。

 

たとえ未来のヴィジョンが見えたとしても、

数多くある未来の選択の一部ですから、 必ずそうなるとはいえないのです。

 

未来はどうなるか、ではなくて、

自分がどんな未来をつくりたいのか、を意識することで

未来の方向づけが始まります。

未来の方向づけは、自分の意識で変化するものなのです。

 

「私と彼はどうなりますか?」という質問なのですが、

この場合、 自分のみの意識で未来をつくることと違い、

相手の方の意識の方向づけも関わってきます。

自分の意識と相手の方の意識が同じ方向を向いているときは、

二人は未来を一緒につくっていきますが、

二人の意識の向きにズレがあると、 二人がずっと一緒にいるかどうか定かではなくなっていきます。

 

常日ごろから、 自分の意識と相手の意識を重ね合わせていくことができるようになると、

「私と彼の未来」はより深い関係性へと発展していきます。

 

自分と相手の方は、もともと他人ですから、

意識には個性があり、全く違うものだったりします。

個性も意識も全く違う二人が 意識を同じ方向にあわせていくって、

とても素晴しいことだと思います。

 

とはいえ、二人の意識をあわせることは決して簡単ではないし、

自分ひとりの意識だって、思うように扱えないものだったりします。

 

ですが、一人ではできなかったことが

二人だと乗り越えられるものだってあります。

お互いが手を差し伸べあい、 お互いを励ましていくとき、

相手の方の大切さが心に沁みます。

 

一人でつくっていく未来、 二人で作っていく未来、

たくさんの未来を自由に描いていきたいものです。

 

だからこそ、

まずは自分自身の意識がどうなっているのか…

より深く自分を見つめていくことが大切なのです。

Lovelightcom | 2011.10.11 | PermaLink
1
2016年09月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ