Love light フミエの日記

ツインソウルとは

魂の双子で

究極のパートナーだから

最高に幸せに二人なんだろうな…

と思っていますか?

 

でも、実際には…そうはいきません。(爆)

 

たいていの場合、最悪の人であることが多いです。

 

喧嘩ばかりで腐れ縁、どうしてあの二人は別れないの?

というカップルも、ツインソウルであることが多いです。

また、 あまりに感情が激しく揺さぶられてついていけないので別れた、

という相手もツインソウルであった、 なんてこともあります。

 

最悪で容赦ない相手…

 

だけど、なぜだか嫌いになれない

離れられないし、忘れられない…

 

人によっては、それは執着だ、といいます

 

 執着と愛は紙一重、  

憎しみと愛も、紙一重。

 

最悪の相手であるその人の魂は、

あなたに壁を乗り越えて

ハートに飛び込んできてほしいのかもしれません。(笑)

もちろん、魂意識を自覚している人は少ないので、

あなたに向かって 最悪の態度をとり続けるのですが…。

 

最悪の相手が 最高の相手に変わるには…

愛の錬金術を使うしかありません。

 

愛の錬金術を使うためにはまず、

ハートのまま、生きることから始まります。

あなたがハートのまま生きることから 全てが始まります。

Lovelightcom | 2011.04.30 | PermaLink

チェルノブイリ事故によって発生している子供たちの甲状腺がん…

一人の日本人医師による奇跡と絆の輪が広がっていきます。

泣きました。

 

人は、限りない可能性を秘めている。

一人一人が持っている素晴しい可能性を思い出すことによって、

奇跡の未来を必ず切り開くことができる。

http://www.youtube.com/watch?v=cJu-rU4-Xyk

Lovelightcom | 2011.04.27 | PermaLink

大戦で全てを失った日本国は、 瞬く間に経済発展し、

お金もエネルギーも豊富に使えるようになった。

豊かになったはずのこの国は、

エネルギーもお金も 無駄使いしてしまっていて、

気づいたら 国の借金は膨れ上がり

原子力に囲まれた国になっている。

 

一番大切なものが お金とエネルギーだと思い込んでいたのだろうか?

 

今の日本は 経済と原子力の問題の解決法を見つけられず、

命のエネルギーが奪われそうになっている。

 

今、

お金と原子力がいくらあっても、本当の幸せは、そこにはない

ということに気づく時である。

 

誰かが傷つかなければ成り立たないエネルギーは限界だ。

原子力を続けるために隠してきた事実と、抱え持っているリスクを

国も電力会社も公開するべきだ。

 

もし、情報の一部を隠し続けるのであれば、

この国のここから先は、 本当に厳しいものになっていくだろう。

 

全ての物事には陽の要素と陰の要素があり、 そのどちらも受け入れるしかない。

陰陽は、どちらが正しくてどちらが悪い、というものではなく、

ただ、そこに存在するだけだ。

陰陽は宇宙のしくみである。

 

人間は、原子力の陰の要素を扱うだけの能力を持っていない。

使い続けるのであれば、 原子力の陰によるリスクは、避けられない。

 

そして、その陰の要素は、 全てを破壊してしまうことを 強く自覚する必要がある。

 

原子力による恩恵とその破壊力を統合することはできない。

 

なぜなら、

原子力というのは自然発生したものでなく、

人間がつくりだした化学エネルギーであり、

作り出す過程において、 たくさんの嘘やごまかしが積み上げられているから。

 

嘘とごまかしと欲が織り交ぜられて出来上がったものなので、

ここには天の恩恵と愛のエネルギーが入っていないからだ。

 

戦後、原子力開発に携わってきたチームの一部の人たちが、

この恐ろしさに気づき、

原子力開発に反旗をひるがえし、

原子力の陰の要素を伝えるために、人生を捧げようとしている。

そんなことをしても何の利益も得られないどころか、

権力によって、生活を脅かされているにも関わらず、だ。

 

そういった方々は、人の心を持っているので、

原子力に恩恵と愛がないことに気づくことが出来たのだろう、と私は思う。

 

原子力の陽の要素だけを求め、

権力で推し進めた結果が「今起きている問題」である。

 

ときを止めることはできない。

原子力の陰の要素は現実となってしまった。

これ以上、膨らむことを止められるのかどうか。

選択するには、時間の余裕があまりない。

 

その選択を国のリーダーが誤ったとき、

私たちは、 覚悟をしなければいけないのだが…

自分の命を政治家に預けよう、とは、私は思いませんよ(笑)

 

皆さん、思い出しましょう。

 

あなたの命は、あなたのものであり、 あなたは宇宙の一部です。

その命を自由自在に使っていいのですよ。


大切な命を 政治家や国のリーダーに託してもいいけれど、

本当にそれでよいですか???

Lovelightcom | 2011.04.21 | PermaLink

念願叶って、志望高校に合格した次男…

張り切って、毎日通っている。

 

その次男のクラスの国語担当は、女性の先生…

 

「もし、失恋したり、恋で悩んでるときは、 一人で悩まずに、なんでも先生に言って!

授業なんていいから、人に好きになる気持ちのほうが大事だから!」 とかなんとか…

初クラスは、いきなり・・・こいばなっ?

 

…一体、どんな先生なんだよ???(爆)

 

なんでも、自分の夫は最高の男で、喧嘩なんてしないらしい。

…というのは…

結婚前に、とことん喧嘩して、分かり合った上で 結婚したらしいのである

 

うふふ♪ こりゃまた、なんとも♪♪♪(笑)

つわもの、だぞ。。。

 

さっすが! 愛から生まれた息子よ。。。

 

引き寄せるもまた、

愛を語る国語の先生。

 

若者たちが 誰かのことを真剣に好きになって

自分のハートと向き合い、

皆で愛を語れるようになる未来って・・・

 

いいね、いいね~♪

素晴しいよね。。。

Lovelightcom | 2011.04.19 | PermaLink

アセンションのことを

2012年12月22日に何かが起こる、と思っている人って多いのかしら。

何も起きませんよ。

何かが起きるかもしれませんが・・・

何も起きないかもしれません。

私は何も起きない、と思っていますが(笑)

 

アセンションとは… 何かが起こる、とか

天変地異とか、 地球滅亡とか、そういうことではないからです。

 

ただ、アセンションによって、 そういったことも起こる可能性もあるでしょうが…。

もちろん、アセンションによって 何が起こるか、心待ちしてもよいと思いますが、

それよりももっと大切なことがあります。

 

今までも何度もお伝えしていますが、

アセンションによって、

自分の思考や自分の持っている波動が 現実となるスピードが加速しています。

よって、自分の普段の思考にはもっと慎重になったほうがよいでしょう。

あなたが考えていることが そのまま次の現実をつくりますから。

また、あなたが持っているエネルギーに似たものが 引き寄せられてきます。

 

1ヶ月前に、とてもショックな出来事があり、

日本国全体に、未来への不安、被害による痛みと悲しみが拡がりました…

このエネルギーは、とても大きくなっています。

買い占めや、計画停電やイベント自粛など…

どれも、国民全体による不安な気持ちが引き起こした現象です。

 

実際には、アセンションは私たちの意識レベルへのテストではありませんが、

自分へのテストとして取り組むと

、そのからくりが見えてきて、 罠に引っかかる必要もなくなります。

 

不安な気持ちで買い占めなどしなくても、

本当に必要なものは手に入りますし、

危機意識という直感や本能が働くようにもなります。

 

パラレルワールドとか二極化、というのは 数年前から何度もいわれてきました。

もう、既に分かれ始めていますが・・・

私は、周波数を上げることしかお伝えすることしかできません。

周波数をあげるとは・・・

感情の解放 カルマの解放 ライトボディへの変容、などです。

 

アセンションによる大きな変化は既に始まっています。

もちろん、世の中の動き、地球全体の動きもそうです。

 

天変地異は昨年も世界のあちこちで激しくなっていました。

世の中の動きもそうです。

中東デモや中国の経済上昇に伴う環境悪化、

北朝鮮の軍事力継続による国民の餓死問題など・・・

世界中があまりに多くの問題を抱えています。

 

そして、世界中が抱えている問題と

私たちの日々の混沌とした意識はリンクしています。

 

世界で、日本で起きている現実は、 私たちの意識とつながっています。

 

私たちの意識が上昇することによってのみ、

世界や日本の未来を変えることができます。

 

大震災によって浮き彫りになった原発問題や

震災の後遺症による経済問題…

どれ一つ、私たちは部外者ではありません。

 

アセンションという宇宙イベントによって、

地球の未来を問題を乗り越えて素晴しいものにしていくのか、

混沌とした今から、環境経済の悪化をたどるのか…

私たち一人一人が 毎日どういった思考や感情や波動をもって、生きているのか・・・

とても密接につながっています。

Lovelightcom | 2011.04.17 | PermaLink

不謹慎かもしれないけれど…

ツインソウル占いを行っている身でありながら、

最近は、ツインであろうがなかろうが、 私自身は、あまり気にしていません(爆)

とはいえ、 やはりツインソウルだと想われる相手とそうでない相手とでは

かなりの違いがあることも、事実。^^

 

私は、私にとってツインと想われる相手と向き合って生きていますが、

本当に大変で、身を引き裂かれるような辛い思いをしたこともありましたし、

これ以上ない、というくらいの至福感(?)も体験しました。

 

そして、何が一番ありがたいか、というと…

私が一人だとなかなかできないことや

自分では気づかなかったことを 気づかせてくれることです。

 

先日、プログラムの受講者さんと、 ツインソウルについて話していて、 気づいたことがあります。

 

ツインソウルは、 お互いの欠けた部分を埋めてくれて、

二人で一つになる、存在ではありません。

もともと欠けた魂など存在しないからです。

ツインソウルは、お互いのまだ眠っていて開いていない部分を 開いてくれます。

気づきのきっかけを与え合います。

また、お互いの男性性と女性性がバランスをとろうと、動き始めます。

自分の中の否定してきた男性性もしくは女性性が目覚めていきます。

二人が真剣に向き合えば向き合うほど、 関係性が親密になるだけでなく、

二人一緒に成長し始めるのです。

 

たとえツインソウルであろうとも、

表面だけをつくろってしまったり、 真剣に向き合おうとしないと、

次々と問題が発生します。

問題が発生しているときに、

自分を正直にさらけ出さずに、 問題解決から逃げようとすると、

お互いが合わせ鏡のようになっているために、 二人の間の傷が深まってしまいます。

特に相手に隠し事があるときには、 それが顕著になりますが、

隠し事があるということは、 相手を傷つけるばかりでなく、

自分も傷つき、 さらに、その傷が相乗効果のように広がっていってしまうのです。

 

人は、いつもいつもハッピーな状態にいるわけではありません。

 

成長していく過程において、 二人一緒に乗り越える必要のある課題も出てきます。

特に、ツインソウルにおいては、

この相手でないと、この問題は起きないだろう…というような

大きな課題にぶつかることが多いです。

もちろん、目の前に立ち塞がる大きな壁は、 ツインソウルと出会ったあなたが

大きくステップアップする段階にあることを教えてくれますし、

越えられない壁などありません。

 

なぜなら、 ツインソウルは あなたが壁を乗り越えることを待っていてくれますし、

相手が壁にぶつかったときには、 あなたが手を差し伸べるようにもなるからです。

 

人は誰かに対して、 心の中の全てをさらけ出すことに恐怖心を感じることが多いです。

しかし、その恐怖心ほど 二人の関係性を壊してしまうものはありません。

全てを見せ合うことです。

心と心で触れ合うことによって、 素晴しい愛の関係へと発展していくのです。

 

二人で一つになる、というよりも、 二人で美しい調和を作るのです。

二人の魂が作る愛のハーモニーは、 二人にしか作れない美しいシンボルなのでしょう。

Lovelightcom | 2011.04.13 | PermaLink

東北大震災による被害者の方の今後の生活のことを思うと

それが本当に大変な状況であり、

他人事ではないな、と思いつつ…

 

福島原発の抱える問題が、 全体性の問題であり、

日本国だけでなく、

これこそ、世界に向けて大きなメッセージ性を伴った出来事なんだな、と思っています。

 

日本に生きている自分も当事者である、ということに対して

何ができるのか、と毎日考えています。

 

たくさんの情報が流れている中、

私なりに何が真実であるのか、

この1ヶ月間、ずっと情報検索をしています。

 

そんな中、私が感じていることは…

 

メディアや政府、東電の流す情報と

原子炉の抱える問題に以前からずっと警告を発してきている専門家の声が

全く相反するものである、ということを知り、

なぜ、こうも違うものなのか、と驚いています。

 

震災によってもたらされた原発問題の真実…

私たちの便利で快適な生活の下で

地球がどれほど苦しんでいるか、

そしてこれ以上は限界である、ということを 訴えているのだな、と

遅まきながら

本当の意味で理解し始めました。

 

ごめんなさい。

気づくのが遅くて

ごめんなさい。

勉強不足で。

 

さまざまな情報が流れている中で

地球も、人も、動物も、植物も…

皆がバランスよく生きていくための循環システムが何であるか…

その方法がどんなものなのか私には分かりません。

私は、技術者でも政治家でもはないので、

どんな方法が開発され、どんなシステムが出来上がっていくのか、 分かりません。

 

ただ、私は…

未来におけるヴィジュアライゼーションを持っています。

私の子供たち、 そのまた子供たち…

光り輝く地球とともに 一緒に生きていることを

私は、心の中で見続けようと思います。

私は、 私が心で描くイメージ…ヴィジュアライゼーションが

現実になることを知っています。

 

地球の意識と

地球で生きる私たちの意識が

通じ合っていくであろうことに

私は焦点をあてていこうと思います。

Lovelightcom | 2011.04.12 | PermaLink

人は これまでも

そして今も

ままならぬ状態の中を生きている

 

どんな窮地にあっても

己自身を保ち続けることができるかどうか

わが身に問い続ける人生の旅が

果てしなく 続いている

 

己を生きるとは

己の真実を貫くことである

 

己の真実を貫いている人は

命の火が 美しく燃えさかる

 

己の真実を貫くことは

生きることの真の意味を 示し続ける

 

自身に正直に生きることで

魂の純潔が明らかになってくる

 

真の意味の自己を生きるとは

己に対して忠実であること

 

何も持って 真を生きるか

それは 自分にしか分からない

Lovelightcom | 2011.04.10 | PermaLink

ツインソウルに出会う確立は 宝くじに当たるより難しい…

これ、誰が言ったんだろうね…?(笑)

 

私がツインソウル占いを始めた理由は…

過去ブログの中にありますが、

かなり私的な理由でもあって、

ま、今となっては、それもどうでもいい…。(爆)

 

ただ、占いをやってきて、自分なりに分かったことは…

今この時代、 たくさんの人がツインソウルと出会っていってるってこと。

 

うんうん。 本当にそうなの。

ツインソウルと出会えた自分は… 特別だ、とか、すごい、とかいうわけではないんです。。。

 

あまりね・・・ あやふやなことは日記には書かないように気をつけてるんだけど(苦笑)

もう、書いてもいい時期だなってね…(笑)

 

地球は、2012年に向けて アセンションという宇宙の大イベントを迎えてるわけなんだけど、

ツインソウルはアセンションと関係してるんです。

わたしたちは長い歴史を通して、

分離という体験をしながら、

カルマゲームを繰り返し、

アセンションのときに合わせて、この時代に生まれてきています。

 

今回の宇宙の大イベントを体験したくて、

今の地球は、ぎゅうぎゅう詰め!魂の満員列車なのね。

そして、アセンション体験後には、

ああ~面白かったね、素晴しい体験だったね~って

地球から離れていくわけなんだけど…。

地球での転生が最後の人も多いんです。

こう言っちゃうと…不安になる人も多いだろうな。

今、こういう時期だから、そうだよね…。

 

アセンションに合わせて地球に来ている魂さんの多くが

ツインソウルと一緒に地球から旅立っていきます。

 

地球での最後の転生は、

カルマゲームを終了して、

ほとんどの人がツインソウルを手をとりあって(例外もある) さあ、行こう~!って

地球から旅立っていきます。

もちろん、新時代がスタートする地球に残って、

ツインソウルと一緒に生きていく人たちも、います。^^

 

ただし、 ツインソウルと一緒になるには…

 

ある程度、自己のクリアリングが進み、

本来の自分を生きるようになってから、なんですが…ね。

 

だから、まずは…

ツインソウルが誰か、ということよりも…

今、自分自身が 本当に自分らしく生きることが最優先、なんですよ

 

そして、 今、自分にとって大切な相手がいるなら

真剣に真剣に

まっすぐ向き合うこと。

それが、ツインソウルであろうとなかろうと…

目の前にいる人と、真剣に向き合って カルマを終わらせること。

目の前の人がツインソウルでなかったとしたら、

カルマが終われば、 また次の出会いが来るようになってる。

ツインソウルは、探さなくも出会うようになってます。

 

どちらにしても、

地球で思う存分最高の自分を生きて、

地球での体験が最後になるときは、 ツインソウルと出会うから。。。

 

ツインソウルを探して探して

何度も生まれ変わってきて、

出会っては引き裂かれ、

それでもまた探し求め…

迎えたこの時代…。

 

どの時代も無駄ではなかった。

どの体験も無駄ではなかった。

二人は、 地球での体験を振り返りながら

互いに微笑みながら

手を重ねるときがくる。

 

それは、まもなく。

それは、今。

Lovelightcom | 2011.04.01 | PermaLink
1
2016年09月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ