Love light フミエの日記

起きて下さい。。。(むにゃむにゃ)

朝ですよ~。(まだ寝てたい)

女性の皆さん、起きて下さぁぁ~い !!!(朝起き苦手)

 

すみません、朝起き苦手なのは、私でした(汗)

 

ここからは、少しまじめに。。。

 

女性が鍵を持ってます。

おとなりの女性ではありませんよ。

あなたです。貴女のことですよ~!!!(まじめだって)

 

貴女が起きて鍵を使うんです。

男性ではありません。

白馬の王子さまが来て、貴女を幸せにしてくれるわけではありません。

貴女が鍵を使って、その門を開けることで、光が入ってきます。

 

眠りの森の美女は、王子様が救い出しに来てくれて、眠りから目覚めました。

女性たちは、誰かが幸せにしてくれる、と思って、待っています。

 

その話は・・・古い!

その時代は終わりました。

女性のみなさん、あなた100年も寝てたら、死んじゃいますよ~!(あたりまえだ)

 

女性性の目覚め→女性性と男性性の統合の時代→愛と光の時代

 という予定でしたが・・・・・

まだ目覚めてない女性が多すぎる・・・(泣)。

予定より遅れすぎじゃないか・・・。

 

日本の女性の皆さん♪

私たちは世界各国の中でとても高い水準の教育を受けています。

教育どころか、ご飯も食べられない国だって、まだまだたくさんあります。

私たちは、本当は恵まれています。

なのに、自分を活かしきって満足して生きてる女性少ないよね・・・(とほほ)

 

旦那がなんとかしてくれる、とか国がなんとかしてくれる、と思って、

ホントは、なんともならないのを心では感じていて、

かといって、自分ではどうしていいかわからず、

だんだん諦めてきて、

そのうち、お尻に根が生えてきてて

自分らしく生きることを躊躇したまま時間だけが過ぎていく・・・。

 

てなことに、なってたりしませんよね?ね?ね?(どきり)

 

子供のため、家族のため、というのも愛だと思います。

そして、誰かのために自分を捧げる生き方は、美徳でありました。

今までの時代は、美徳で生きててもよかったかもしれませんが、

目覚めの時ですので、これまでの価値概念では、新しい時代へ移行できなくなります。

本当に子供家族を愛してる人は、躊躇していないでしょう。

勇気を出して古い価値観から抜け出し、自分らしく生きていることでしょう。

 


鍵を使うのは、男性ではありません。

女性なんです。

女性が目覚めれば、男性も真の意味で目覚めます。

男性たちが動かしている社会全体が行き詰ってしまっていることに気づきませんか?

男性たちに愛が足りないのです。

どうして愛が足りないか?

 

簡単です。

 

私たち女性の愛し方が足りないんですよ~(爆)

 

女性です。

鍵を使って動かすのは、女性です。

 

貴女が目覚めて鍵を使えば、あなたのパートナーも目覚めます。

そして、新しい時代へと移行します。

貴女自らが目覚めて変化することが、新しい時代への移行になるんです。

光とつながって、本当の自分を思い出してください。

愛と光の時代へ、移行するときなんですよ。。。

 

 

Lovelightcom | 2011.01.29 | PermaLink

マンションと駐車場が少し離れてるのですが、

いつものように買い物に行こうと、 駐車場へ出向きました。

その途中、道端にハンカチが落ちてました。

紫色の可愛い模様のハンカチでして・・・

私のでした。(爆)

 

あ・・・

前の日、落としたんだわ・・・。

 

ハンカチは、既に何台の車に踏まれたのでしょうか・・・。

真っ黒でして、タイヤの模様まで入ってました。

 

拾いたいけど・・・き、汚い・・・

 

私は拾わず、横を通り過ぎました。

 

実は・・・

その辺りは、近所の方皆さんが犬を散歩させてまして、

おしっこやウンチがよくそのままにしてある通りでして・・・

ぼーっとしてると、踏みそうになってしまいます(ほえ~)

 

なので、拾う勇気が出ませんでした(泣)

 

そして、買い物に行きました。

 

すると・・・

 

ハンカチの気持ちが伝わってきました。

 

「帰りたいよ、どうして拾ってくれないの?」

とても悲しそうな様子でして・・・

 

やっぱ、そうだよね・・・

ごめんなさい、帰りに必ず拾うから待っててね。。。(泣)

 

買い物を大慌てで済ませて、戻りました。

 

なくなってたらどうしよぉぉぉぉ!!!

 

いいえ、ありました。

ちゃんと待ってました。

 

ごめんね、もう大丈夫。。。

 

持って帰って、まずはゴシゴシ石鹸で手洗いしました。

 

・・・まっくろでした・・・(爆)

Lovelightcom | 2011.01.28 | PermaLink

昨年秋に施設から病院に移った父ですが・・・。

肺炎が治まらず熱が続いているそうで、気道に痰が詰れば、自力で取り除くことができないので呼吸が停止してしまう確率が高まりました。

15年前の交通事故で脳障害となり、寝たきりですが、奇跡的に命だけは持っています。

ですが、次に肺炎が起きたときが最後だろうという予測でした。

そして今日、病院から呼び出しがあり、気管切開手術のすすめを受けたようです。

母と妹が、今日夕方、病院に行ったそうです。

そのとき、夕空の雲が虹色に輝き、龍の形をしていて・・・一筋の光が降りていたそうです。

妹はそれを見て・・・

「お迎えが来たのか・・・、それとも既に15年も寝たきりの父に手術を受けさせて、まだ生かさないといけないのだろうか・・・これはどっちの意味だろう・・・」と、かなり心が揺れたようです。

妹は、若い時から神事に関わっているので非常に心が強く、いつも筋が通った判断をするのですが・・・

やはりたった一人の父のこととなると、どうしたらいいのだろう・・・と、泣きそうな声で、連絡をくれました。

「家族会議してから決めよう、と思って・・・」

 

虹は・・・奇跡が起こることを知らせてくれます。

そして、私たちが前進するための勇気を与え、背中を強く押してくれます。

病院に向かうとき、母と妹が一緒にみた「虹の龍」は・・・父の生命力が強いことを示してくれているのです。

 

病院に入ってすぐに、リハビリを担当してくれている若い男性の療法士さんから、リハビリの説明を受けたそうです。

15年も寝たきりの父が、先日、自力で20分間、ベッドの淵に座るところまでいったそうです。

「僕の目標は、車椅子に座るところまで回復して、ぜひ散歩をさせたい。」と、目をキラキラさせながら語ってくれた、ということでした。

 

これが、奇跡といわず、なんでしょうか。。。

 

今度、肺炎が起きたときが、父との別れ、だと私たち家族は思っていました。

ですが、院長もリハビリ療法士もあきらめていません。

そうか、昨年秋にこの病院に転院をしたがったのは、本当は父本人で、父自身がこんなに素晴らしい医師や療法士さんがいる病院を引き寄せたのだな・・・。

 

一番あきらめていなかったのは、父、だったのです。

 

判断が難しい中、母がこう言ったそうです。

「ばーちゃん(母の母)も痰が絡んで除去が間に合わなかった。

当時は小さい病院だったし、痰をとる機械もなくて、割り箸と綿棒を持って医者と看護婦がかけつけたけど・・・」

実は、祖母(母の母)は、お見舞いに行った母の腕の中に抱かれたまま、痰がからんで亡くなったそうです。

「私も年寄りだけん、分かるけど・・・

痰がからむのは、ほんとに苦しい。

おじーじは、まだ生きてる。

生きてる以上、苦しさとか痛みがあるなら、それを一番にとってあげんといかん」

 

手術を受けることになりました。

 

父は、まだまだ私たち家族に奇跡を見せ続けてくれます。

そして、父と母は、心と心で意思伝達をしているようです。

 

虹の龍は・・・父の生きる力、そのものです。

 

Lovelightcom | 2011.01.27 | PermaLink

2011年になって・・・

あっちでもこっちでも、目覚めのスイッチがON!になってきています。(笑)

 

最近、アセンションプログラムを勉強しておられる方たちは、

これまでスピリチュアルについてよく分からなかった、とか

自分にはそういったことは分からないだろう、という方がどんどん来られていますが・・・

 

皆さん、本当に目覚めて行ってる。

進歩が早い!!!

 

毎回のセッションで、私も気付きや感動をたくさんいただいてます。

 

ガイドたちも様々な方法で、サポートしてくれてます。

手を変え、品を変え・・・(爆)

 

 

今日は、富士宮浅間大社に参拝した後、近隣の「花の湯」という温泉に行ってきました。

花の湯は、趣向を凝らした様々なお風呂があり、「モンローの湯」や「クレオパトラの湯」というネーミングのお風呂も・・・。

さすが、コノハナサクヤ姫ゆかりの温泉だけあって、いかにも女性性が満開になりそうな雰囲気でして・・・遊園地のような状態で温泉満喫しちゃいました。(爆)

温泉につかりながら、コノハナサクヤ姫からメッセージをいただきましたよ。(笑)

 

女性である自分自身を慈しみ、自分が贅沢で優雅な一時を過ごすことに対して、自分に許可を出しなさい。

贅沢をしてはいけない、という制限を解きましょう。

自分には贅沢、と思われるような一時を 自ら自分にプレゼントするのです。

 

自分自身に自らが最高の満足を与えることができる、ということは・・・

自分以外の存在にも、同じような満足を与えることにつながっていきます。

宇宙はバランスと循環ですから、自分自身に与えたものを他にも与えることができ、

自分の体験していることや、自分が感じている状態が、繰り返されていきます。

満足している状態は、自分だけでなく、周囲にもさらなる満足を与えていく状態を生み出します。

より多くの人が幸せになってほしい、と思うからこそ、

自分自身がもっと幸せを味わい、そして、そこから幸せや愛の循環を大きく広げていけるのですよ。

小さな波から、大きな波へと・・・波紋が拡がっていくのです。

 

お肌・・・ピカピカです。。。

 

 

 

 

 

 

Lovelightcom | 2011.01.21 | PermaLink

日常の中に

たくさんの「あったかい時間」が存在する。

あったかい時間の中で過ごすとき、大きな愛、小さな愛、光や優しさがたくさんあふれている。

 

それは・・・

仲間と語り合うとき、だったり

喜ぶ家族の顔を想像しながらおやつを作るとき、だったり

ベランダで毎日元気に咲いてるお花の世話をするとき、だったり

抱っこして、と甘えてくる愛猫と見つめあうひと時、だったり

輝く空を眺めながら愛車と走るひととき、だったり

 

一人静かに瞑想しながら光をあびるとき

触れ合う人が瞳を輝かせていくのを目の当たりにしたとき

 

あったかい時間がたくさん存在する。

 

あったかい時間は

一人でいても

誰かと一緒にいても

常にそこにある。

 

あったかい時間を持っている自分のことをとても幸せだな、と思う。

あったかい時間を与えてくれる、たくさんの物や人にありがたいなって想う。

 

そして、あったかい時間が拡がっていく。

あったかい時間を作り出す私とあなたと

あったかい時間を欲しいなって思ってる私とあなたと

そこに、あったかい時間の共有が生まれてくる。

 

ありがとう。

みんな、ありがとう。

Lovelightcom | 2011.01.18 | PermaLink

家事をしているときは、

している動作と、考えていることが一致していないことが多いですが・・・

毎日の家事は毎日のものなので、考えなくても体のほうが覚えてて行動できちゃいます。

ところが、最近はボケることがあるようでして・・・

 

サランラップがなくなった、と思ってましたら・・・

冷蔵庫の野菜室から出てきて、びっくり・・・!

そのあと・・・

シメジがまだ使いかけで残ってたはずなのに、見つからない。

全部つかっちゃったけな~、と思って、そのまま数日・・・。

冷凍庫からパキンパキンのしめじが出てきたのには、あきれました。

 

今までなかった行動だ・・・。

 

もっと集中したほうがいいかもしれない・・・。(汗)

 

Lovelightcom | 2011.01.17 | PermaLink

スピリチュアルとは・・・

日常の中に活かしてなんぼ、です。(笑)

 

アセンションとは何か知っている、とか、ヒーリングやチャネリングを習っている、とか精神世界の本大好き、とか、オーラの話とか霊の話が好き、とか・・・

そういうことではありません。

 

スピリチュアルな知識があるかどうか、は、大切ではないのです。

 

私のところへ勉強に来られる多くの方が、同じようなことを悩んでおられます。

 

それは・・・

スピリチュアルなことを話せる友人が周りにいない

急にそんなことを言ったら、周りに変な目で見られそうで恐い

 

そうです。

 

これ、躊躇する方、本当に多いのです。(笑)

 

この悩みは、「不安」であり「恐怖」ですから、アセンションどころか、ディセンションですよ(爆)

 

スピリチュアルを日常に取り入れるのはなぜでしょうか?

 

光を取り入れるため、自分とつながるため、波動を上昇させるため、内なる光とつながり本当の自分を体現するため、真実の愛を体験するため、愛と平和あふれる地球にするため、子どもたちに素晴らしい未来を残すため・・・

たくさんあります。

 

愛を選択しますか? 恐れを選択しますか?

 

光を選択しますか? 闇を選択しますか?

 

勇気を出して、スピリチュアルな話題を自分から発していってください。

そうすることで、同じようにスピリチュアルな生き方をしたい、と思っている仲間が見つかりますよ。

 

スピリチュアルが嫌い、だという人を無理やり説得する必要はありません。

話があわない、となれば、そこから立ち去るだけです。

相手が悪かった、とか、相手はダメな人だ、と考える必要もありません。

 

可愛いと思って靴買ったら、実はサイズが合わなかった・・・

もっといいもの、買おう・・・それだけです。

探してれば、そのうち見つかります。

自分に良く似合うイイ靴が見つかったら、毎日出かけるのが楽しいし、コーディネートも楽しい♪(爆)

 

それとこれとは違うって・・・?

いや、同じ同じ。。。(わはは)

 

恐怖や恐れを持ち続けないでくださいね♪^^

時間が加速してますので、いろんな意味でよくない出来事を引き寄せてしまうこともありますよ。(ちょっとオドシでごめんよ)

 

 

Lovelightcom | 2011.01.14 | PermaLink

中学3年の息子には、とてもラブラブでキュートな彼女がいる。

1年のとき両想いになったのだが、2年になってからは、「他に好きな人ができた」と言われ、

一度振られてしまった彼。

ところが、3年になって復活した。

息子は、「彼女は帰ってくる気がするから、気長に待つよ~」なんて言ってて・・・

本当に復活した。

いつまでもずっと待てるって、息子は言ってたな。。。

 

そんな経緯があったので、ほんとに毎日ラブラブで、 「そんなに浮かれてたら二人とも受験に失敗するよ」と何度も担任の先生に念を押されていた。

三者面談では、「二人だけ、毎日お花畑にいるような感じなんですよ~」と、先生もチクリ。(苦笑)

まったくもって、、、その通りだよ~!!!

と、大人がどんなに心配したところで、青春パワー炸裂の彼らには、馬の耳に念仏みたいなもんで・・・(爆)

二人は、ますますラブラブでありました~(うらやましい)

 

そんなある日、息子がしんみりとこんなことを言ってきました。

 

「今日さ、はじめて彼女と真剣にやりあったんだよ・・・」

「互いにすごく好きなあまり、

お互いに言いたいことを言えずに少しずつ我慢してて、

お互いの中に、それが溜まってたんだ。

もっと正直になっていこう、って、

今まで言えずに我慢してたこととか、

本当はこうしてほしい、とか・・・

そんなことを話しあったんだよ。

途中、泣いたりもしたけど・・・

本音を言いあうことで、

二人の関係が壊れたり、もうダメになるんじゃないか、とか・・・色々思ったけど・・・

話せてよかった。

そして、これからも正直に語り合っていこう、って 決めたんだよ」

 

すごいな、って思いました。

私たち大人がなかなかできずにいることを彼らは誰から教わったわけでもなく、それができる。

大人のほうが、本音を言えず、ごまかして表面だけの付き合いの人が多かったりする。

本音を言い合うことで、相手を傷つけるかもしれないから、と現状維持したり、

このままでいたほうが、都合がいいから、と、

ごまかしてしまったりする。

本音で語り合うことの恐怖を常に抱え続けているのだ。

 

息子たちが生きてる年数は、私たちに比べたら浅いけれど、その分、純粋で、勇気がある。

若い人達たち、子供たち・・・光の量が多いんです。

 

さあ、大人たち・・・

子どもたちは、次世代に向けて素晴らしいものをたくさん持っている。

私たち大人が、そんな子どもたちに素晴らしい未来を残せるのかどうか・・・。

光としっかりつながって、内なる心に従って正直な姿に戻っていかないと、

地球の未来は破壊の方へ行ってしまう。

愛する子どもたちに、光ある未来をプレゼントしたい。

私たち大人が、光ある未来へ向けて、架け橋になっていくんだよ。

 

 

 

 

Lovelightcom | 2011.01.09 | PermaLink

初詣どうしようかな・・・

神社は人いっぱいだしな~って 思ってまして・・・

そんなところへ、友人から「カテドラルに行こう♪♪♪」と誘われ、

3日に、「教会初詣」へと繰り出しました。(爆)

和洋折衷なんでもあり、で・・・すみません(大爆)

 

カテドラル教会は、年に2回ほど必ず行きます。

落ち込んでるときに、一人でこっそり・・・行くことが多いです。(えへへ)

しかし、正月にカテドラルとは・・・考えつかなかったーっ!

 

いやいや・・・本当素敵だったのであります。。。

 

教会は好きなんですが、正直言って・・・波動はあまりよくないことが多いんです。

悩んだり苦しんだりしている人が、祈りを捧げながら浄化されていってるのか、

どうしても、低い波動が協会には落ちて溜まっていきます。

なので、結構、ずし~ん、、、と来ます・・・(苦笑)

といっても、カテドラルには、「ルルドの泉」がありますので、ここに行きたくなっちゃうのね。

もちろん、いつも中にも入りますよ~♪

でも、ルルドの泉が一番好き。。。

 

で、正月の教会なんですが・・・

 

年が明けて、波動が変わり(というか上昇してます)、

更に、3日は新月直前で、エネルギーが新しくなり始めてることもあり・・・

 

空気も波動も、それはそれは澄んでいて、美しいんですよ。

 

軽くて新しくて、澄み切っていて、ツーンとくる・・・。

 

本当に気持ち良かったです。

 

正月の教会って・・・ええわぁ~♪♪♪

 

そして、中での祈りを終えて、外のルルドの泉で、空を仰ぎ見ましたら・・・

 

雲のレールが数本まっすぐ伸びているんですよ。。。

実は・・・

アセンションによって、どういった未来へ進んでいくか、パラレルワールドで分かれていく、と数年前から言われてますが・・・

光か闇か、の二極化だけではないのです。

未来は、いくつもあります。

どのレールを進んでいくのか・・・

どの列車に乗るか、

まもなく分岐点で分かれていくことをバシャールの本でも伝えてありました。

 

私が、レールの雲に気づいたのは、昨年7月です。

 

友人と一緒に教会初詣に行った帰り、

家に帰りついたころには、私たちの頭上数本あったレールは、1本だけ、となりました。

「うちらは、一緒の未来に進んでるんやな~」なんて、その後は新年会で大盛り上がり♪♪♪

 

飲みすぎました。。。(爆爆)

Aちゃんが教えてくれた「ウコンの力」がなかったら、アウト!でした~(大汗)

 

なんて、レールの話は、また次会に。。。

 

では、本日の太陽をどうぞ♪♪♪

110107_1115~02.jpg

ハートがぐわんぐわんと拡がるエネルギーが降りてきてましたよ~♪♪♪

 

 

 

 

 

Lovelightcom | 2011.01.08 | PermaLink

婚活は、マニュアルでやらないほうがいいって。。

恋愛マニュアルは通じないって。

作戦も駆け引きも、そろそろ止めにしたほうがいいって。

 

いや、ほんと・・。

 

ここから先、3次元が生み出した愛の法則は、もう古い。

古い慣習や、過去の失敗談から得た知恵も、本当に役立つって誰が保証する?

 

ここから先は・・・

 

内なる声を聞くこと。

光とつながること。

自分の魂、ハイアーセルフ、ウニヒピリとつながること。

 

とにもかくにも、自分を愛すること。

自分をゆるすこと。

誰かのためではなく、自分のために生きること。

自分が本当にしたいことをすること。

誰かを傷つけるからできない、なんて言い訳をやめること。

 

本物の愛は伝染する。

あなたがまず一番初めに幸せになることを最優先すること。

自分の幸せは最後でいい、というのは、愛ではなくて、犠牲です。

犠牲は、さらなる犠牲を生み出して、次々と犠牲を広げていく。

犠牲が最も拡がった形が、戦争、飢え、貧困なのです。

 

自分が一番先に幸せになることに対して、

私たちは、どうしても罪悪感を感じてしまう。

罪悪感は、病気を発生させ、次々と新しいウイルスを発生させる、ということ。

 

全てが一つ、につながっている。

 

あなたの想い、日々の選択が、地球の裏側の誰かにも影響を与え、

国や、地球全体の未来にも影響を与え、

美しい地球になるのか、破滅していく地球になるのか、影響を与えています。

 

頭で分かっていても、、、

自分の幸せを優先することができない人が多い。

なぜなら、

自分の幸せを優先することは、

最も大きな「エゴ」のような気がするからです。

 

エゴは、自分が幸せにならないよう、常に何かが足らない状態をもたらそうとします。

「犠牲」「罪悪感」

そして、自分が先に幸せになることで他人を傷つけるかもしれない、という・・・

「恐怖心」もそうです。

 

自分がまず先に幸せになろう、ということに私たちは慣れていません。

道徳心や倫理感がそれを阻みます。
特に日本人は、自分を優先するのが苦手。


 

今、この世はすでに3次元ではありません。

4次元に入っています。

まもなく、5次元に上昇します。

今まで「愛とはこういうものである」と思っていたその愛は、

3次元で体験してきたものです。

ここから先、体験する愛も、作り出そうとする愛も、

5次元レベルに上昇していきますので、「未体験ゾーンの愛」となります。

 

想像力を最大限に駆使して、

最高最大の愛を描いてみてください。

描いた世界へ、私たちは突入していきます。

描いていく世界が、現実となっていきます。

 

 

Lovelightcom | 2011.01.07 | PermaLink
2016年09月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ